アラキ総産

会社紹介−職人集団としての特色


アラキ総産は、足し算でなく、掛け算で職人の力を組み合せ、より大きな力を発揮できる組織的職人集団です。

団塊世代の引退に伴い、経験のあるプラント職人は急激に不足し始めています。また、少子化の進行により、人員の機動的な役割分担が不可欠となるはずです。これからは専門工事会社も、組織として全体力を高めるしくみを持たなくてはなりません。

私どもは、組織的な職人集団であるために、1人ひとりが技術者であると同時に、管理者・責任者となり、個人でなく組織全体でお客様に最善を尽くすことをお約束します。

チームとして十分な技術スキルを発揮できる人員構成で、全ての工事チームを編成します。

全スタッフの技術レベルを、過去の実績、上級者による評価、自己申告等により把握した上で、工事ごとに必要なリーダー、サブリーダーの数と必要な技術レベルを検討し、チームとして十分な技術スキルを発揮できる人員構成で、全ての工事チームを編成します。

分野別に担当を明確化することで、習熟を速めると同時に、バックアップ体制を整えています。

分野別に、技術集積に責任を負う担当課を設置し、全ての技術スタッフをいづれかの課に配属しています。工事チームは課を越えて編成しますが、優先して担当課のスタッフを担当分野の工事に配置することで、技術習熟のスピードアップとエキスパートの養成に努めています。 また、担当課が工事チームと連帯して担当分野の工事に責任を負い、品質指導やトラブル発生時のバックアップを実施します。

Copyright (C) 2005-2015 ARAKI SOSAN CO., LTD. All rights reserved.

サイトマップ